名刺の印刷サービスにかかる費用

営業などで働いていると名刺は幾らあっても足りません。在庫の管理をしていてもいつの間にかなくなってしまいますので、こまめなチェックも必須と言えるでしょう。業者を比較しながらどこで印刷をしようかと検討している時も、お店によってサービスが違うので迷ってしまいがちです。シンプルなものからおしゃれなものまでいろんなものが作れるような時代ですから、まずは費用がどれぐらいかかりそうなのかを良く見ておくと良いでしょう。モノクロかフルカラーなのか、それとも片面または両面での作業になるのかでもかなり値段は変わってきます。また、紙にもこだわる時には場合によってそれらも費用として加算されますし、イラストなどのワンポイントを入れるときも別料金となることがあります。

お店の価格表の比較もしておきましょう

名刺も大量に印刷するとなると、やはりそれなりの費用がかかってきます。たくさんのお店の比較をするのは大変ですが、100枚で幾らという場合も多いですから、どれだけ必要なのかわかっていればその枚数で各会社のサービスを比較していきましょう。それに上乗せする形で、基本的なテンプレートに写真やイラスト、カラーにするかどうかということでも金額が追加されていきます。場合によっては修正料金がかかることもありますし、急ぎの時に特急料金という追加が行われることもあるので、なるべく余裕を持った発注を心がけると良いでしょう。リピートで注文をする時には割引をしてくれるような業者もありますので、一度少量で作ってみて良さそうならまた追加して作る方法で製作するのもおすすめです。

オプション等の他に料金に関わってくる要素

名刺を作るときは、本体の印刷料金だけがかかるわけではありません。他のカードとは一線を画すような印象深いものを作りたいと思った時には、紙を変えたり何かイラストや写真を入れたりするのも効果的です。文字だけの用紙にイラストなどが入っていると、それだけでも目を引きます。また、用紙の角を丸くしたり穴あけをしたりするような特殊な加工が出来る業者もあります。箔押しやエンボス加工なども良く見かける河口の一つですが、こちらも手が加わる分だけ料金はアップすると思っておきましょう。たくさんのサービスが用意されていますが、作業の時の版代などもかかってきますし、配送料などもかかるので、トータルに見て予算内に製作することができるのか見積もりもきちんととっておく様にしましょう。